天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの違い2015.12.24

今日は天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの違いについてお話します。

ここ最近すっかりメジャーになったキュービックジルコニア。

ダイヤモンドの模造石としてかなり多くのアクセサリーやジュエリーに使われ、販売されています。

天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアは何が違うのかお伝えしていきたいと思います。

 

・ダイヤモンドの類似石とは

古来より天然ダイヤモンドは希少で、どこでも採れるというものではなく採掘が大変なものでした。

それは今の時代も同じです。そして当時から価格も高価でした。

なのでその昔は、ガラスやジルコンなどをダイヤモンドの類似石として扱っていました。

しかし今から約60年ほど前からダイヤモンドに似たものを人工的に作ったり合成したりすることが行われてきました。

 

・キュービックジルコニア(CZ)とは

今から約60年ほど前からダイヤモンドに似た類似石を開発してきましたが、その技術が年々向上し、今ではダイヤモンドの類似石を目的として作られているキュービックジルコニア(CZ)が作られるようになりメジャーになりました。

キュービックジルコニアはみかけがダイヤモンドに一番よく似ているため、いろいろな紛らわしい名前で世に流通しています。

 

(ちなみに余談ですが、世に多く知られているスワロフスキーの原料はガラスになります。CZとは異なる人造石ですが、ダイヤモンドの類似石です。)

 

・ダイヤモンドとキュービックジルコニアの見分け方

基本的に肉眼での見分けは難しいとされています。

しかし、比重、光の屈折率などははっきりと違います。

また赤外線の反射率、熱の伝わり方、水に対する濡れ方なども違います。

今はこれらの違いを利用して簡単に区別する器具が市販されています。

輝き方も違い、キュービックジルコニアは虹色に光ると言われています。

 

・価格の違い

0.1ctの天然ダイヤモンドが約20,000円に対して、0.1ctのキュービックジルコニアが約100円程度。

天然ダイヤモンドはカットや希少性によって価格の幅がとても広いですが、キュービックジルコニアは安定して供給ができるため基本的に安価で供給されています。

 

・表示について

ダイヤモンドは「天然ダイヤモンド」などの表示に対し、キュービックジルコニアは「CZダイヤモンド」などと表示していることが多く、よく表示を確かめないと本物のダイヤモンドをわからないような表示をしている場合もあります。

 

・天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの価値

やはり天然ダイヤモンドは希少であり高価なので、これから先世代が変わっても普遍的な価値を持ち続けます

一方でキュービックジルコニアは安価で安定的な供給が可能なので、いつの時代も安価で手に入ります。 

 

 

<まとめ>

今の世の中、安価で手に入るキュービックジルコニア(CZ)を使用したアクセサリーが沢山販売されています。

ファストファッションのようにその時、その時代の流れでアクセサリーも着けたいという方にはおすすめです。

プレゼントで大切な女性に贈る時はどうでしょうか。

やはり女性としては「本物のダイヤモンド」を使ったジュエリーをもらう方が断然嬉しいです。

一生着けられるジュエリーという観点からもやはりプレゼントで贈るなら天然ダイヤモンドがおすすめです。

天然のダイヤモンドかわかりづらい表示をしているお店もあるようですので、やはりプレゼントで贈るなら信頼できるお店で購入することをおすすめします。

 

 

オーナー 稲生さやか

 

 

 


Copyright ©2019 Brilhar., All Right Reserved.